トップページ Macで始めるDTV MacでTV録画 掲示板&ML 情報ひろば MacDTV.Search
MacDTV.com
スペーサーMacで始めるDTVへ矢印入門編トップへ sitemap
   
枠 枠 枠

トップページ > Macで始めるDTV >入門編(DTV はじめの一歩)>

枠 枠 枠
枠 枠 枠

1998.01.01初稿

2009.07.18改訂

枠 枠 枠
   
枠 枠 枠
枠 枠 枠
枠 枠 枠

V章 Macで編集 その3
- その他の特殊効果 -


その他の特殊効果としては、次のようなものがあります。

モーション

各トラックの大きさ・向き・形を経時的に変化させたり、移動させたりする効果のことです。

映画エンディングの字幕スクロールは、タイトルトラックを縦にモーションさせたものです。また、ニュース番組のオープニング等でもおなじみの"モーショングラフィック"も、もちろん、モーション機能をフル活用した作品です。

iMovieにはモーション機能は搭載されていませんので、Final Cut Express/Pro等が必要です。

ムービーペイント(ロトスコーピング)

ビデオのフレームは、多くのピクセルから構成されているラスターデータですから、根気よく点描してゆくことで、ビデオに画を描くことも出来ます。例えば、「火を噴く剛速球」なんて画像も、炎を一コマ一コマを描けば作成できます。

こういった効果を、ムービーペイント、もしくはロトスコーピングといいます。

iMovieはもちろんFinal Cut Express/Proにも、ムービーペイント機能はありません。そこで、一フレームずつ静止画にして書き出して、Photoshopなどで描画して、ビデオに書き戻す、といった手間のかかるやりかたもできなくはありませんが、本格的に/楽にムービーペイントを行いたい場合には専用ソフトを利用します。

Adobe Photoshop CS4 Extendedの例

ムービーをPhotoshop CS4 Extendedで直接読み込むことができ、そのあとは、フレームをいつものPhotoshop同様の操作で、作業を行うことができます。

ムービーペイントの例

モーショントラッキング、手ブレ補正

被写体上の特定のポイントの動きを追跡するというのが、モーショントラッキングの基本形です。

例えば、走り去る4トントラックの荷台の四隅をトラッキングし、その四角形の内側の領域に画像合成することで、走り去るトラックの荷台を「広告」を掲載することができます。これらは、AfterEffectsのような本格的なソフトが必要です。

また、モーショントラッキングの応用として、手ブレ補正があります。

手ブレ補正:DTV用語では、スタビライズ(安定化の意)と呼びます。

手ブレがひどい映像の中に映っている被写体の ある特定ポイントを捕まえ動きを解析し、次にそのポイントが静止しているかのように処理する、というのが手ブレ補正の仕組みです。Final Cut ProやAfterEffectsなど本格的なDTV編集ソフトにのみ搭載されていた手ブレ補正ですが、iMovie '09から搭載され、コンシューマ向DTV編集ソフトでも手ぶれ補正機能利用できる、良い時代になりました。

初心者こそ手ぶれさせやすいので、コンシューマ系ビデオ編集ソフトにこそ手ぶれ補正が必要、と逆に考えるべきなのでしょうが。

 

枠 枠 枠
枠 枠 枠
枠

入門編

枠
枠

この記事です。

枠
枠

初級編

枠
枠

記事はまだありません。

枠
枠

基本編

枠
枠

記事はまだありません。

枠
枠

中級編

枠
枠

記事はまだありません。

枠
枠 枠 枠
枠 枠 枠

前の記事

前の記事

この記事

次の記事

次の記事

[入門編]作品を仕上げる

[入門編]V章 Macで編集 その3 - その他の特殊効果 -

[入門編]VI章 ビデオを書き出す


関連記事

 


[入門編]の目次

枠 枠 枠
枠 枠 枠

現在地

トップページ > Macで始めるDTV >入門編 >

この記事のタイトル

[入門編] V章 Macで編集 その3 - その他の特殊効果 -

この記事のURL

http://www.macdtv.com/GuideToDTV/ABC/05-00-SpecialEffects.html

更新履歴

1998.01.01 サイトを開始し、初稿を公開しました。

2009.07.18 リニューアルし、Macで始めるDTV[入門編]を新設しました。

枠 枠 枠
5333621