トップページ Macで始めるDTV MacでTV録画 掲示板&ML 情報ひろば MacDTV.Search
MacDTV.com
情報ひろばへFront Pageトップへ sitemap
       
 
枠 枠 枠
枠

トップページ > MacDTV情報ひろば >Blu-ray DiscのFront Page

枠
枠 枠 枠
枠 枠 枠
枠

2008.12.10初稿

2009.07.27改訂

枠
枠 枠 枠
 
       
枠 枠 枠
枠

Blu-ray DiscのFront Page

Bru-ray Discロゴこのページは、Blu-ray Discに関する総合案内のページです。Blu-ray Discに関する基本情報のほか、

MacDTV.com内の関連記事、外部情報をまとめています。

枠
枠 枠 枠
枠 枠 枠
枠

目次[表示][非表示]

枠
枠 枠 枠
枠 枠 枠
枠

概要

Blu-ray Disc

読み方:ブルーレイディスク 。Blu-ray Disc Associationにて策定した、青紫色半導体レーザーを使用する光ディスク規格。

BDMV、BDAV

BDMVは、Blu-ray Disk Movie、BDAVはBlu-ray Disk Audio/Visualの略。いずれも、AV用途におけるBlu-ray Discのアプリケーションフォーマット。

メディアとフォーマット

大きさ

CD・DVDと同様、直径12cmまたは8cm、厚さ1.2mm。

記録容量

12cm BDは、25GB(1層)、50GB(2層)
8cm BDは、7.5GB(1層)、15GB(2層)

種類

大きく、BD-ROM、BD-R(Blu-ray Disc Recordable)、BD-RE(Blu-ray Disc Rewritable)があります。

DVDでは、それぞれ、DVD-ROM、DVD-R、DVD-RW(や+RW, -RAM等、追記可能で繰り返し書き込みタイプ)に相当します。

AV用途での利用

AV用途でのアプリケーションフォーマット

BDMV(Blu-ray Disk Movie)とBDAV(Blu-ray Disk Audio/Visual)があります。

DVDでは、それぞれ、DVD Videoモード、DVD Video Recordingモードに相当します。

例えば、
・市販の映画BD-Videoは、BD-ROMにBDMVで、
・家庭用BDレコーダで、一回きり書き込みする場合は、BD-RにBDMVで、
・家庭用BDレコーダで、追記が出来るように記録する場合は、BD-REにBDAVで、
それぞれ、ビデオ・オーディオデータを収録したものです。

データ形式

BDMV、BDAVでは、 以下のビデオCodec、オーディオCodecを選択して使用することが出来ます。

ビデオデータ:

MPEG-2:デジタル放送とHDVと互換性あり。
H.264/MPEG-4 AVC High Profile:AVCHDやAVCRecと互換性あり。
VC-1 Advanced Profile:Windows Mediaと同じもの。

オーディオデータ:

PCM
ドルビーデジタルAC-3
DTSデジタルサラウンド
ドルビーデジタルプラス
ドルビーデジタルロスレス
DTS-HD

多重化:

システムストリームに、MPEG2-TSを採用しています。

他AV機器との互換性

Macとの関係

現行Macのラインアップには、Blu-ray Discドライブを搭載しBD-Video再生を謳う製品はまだありません。従って、最低限、(USB接続の)外付けBlu-Ray Discドライブを別途用意する必要があるのはもちろんですが、仮にBlu-Ray Discドライブを用意したとしても、現時点では、MacでBlu-ray Discを扱うときには、以下に述べるような多くの不自由があります。

Mac上で、市販BD-Videoを再生する

現時点ではできません。Mac OS X自体や、BDビデオ再生ソフト、ドライバ(特にGPU)等のCMS(コンテンツ管理システム)が未整備であるためです。

なお、一部のMacでは、BootCampでWindowsを利用すれば、市販のBD-Videoを再生可能です。(Mac Proは AACS/COPP/HDCP ready !!

Macで、データBDを使用する

Mac用外付けBDドライブを用意し、Roxio Toastのようなライティングソフトを使用します。

一部のBDドライブ(アイオーデータBRD-UM4等)では、Mac OS X標準環境のみ(ライティングソフト不要)で利用できる機能が搭載されています(BRD-UM4ではSingle Diskモード)。

Macで、BD-Videoをオーサリングする

編集は、iMovie、Final Cut Express、Final Cut Pro、Premiere Proなどで完成させた後、下記のソフトでオーサリング(メニューなどの作成)を行います。どちらも、BDMV形式のBlu-ray Discを作成できます。

必要な機材
Mac用Blu-ray Discドライブ

USB接続型外付けBlu-ray Discドライブがいくつか市販されています。

Blu-ray Discオーサリングソフト:

Toast9 icon現時点で、Roxio社のToast 9 or 10 +HD-BDプラグイン、または、Adobe Sysytems社のEncore CS 3 or 4(Adobe Creative Suite Production Premiumに同梱)などの製品があります。2009.07.24に発売開始されたFinal Cut Studio 2009でも、Final Cut Pro 7からBD-Videoを作成することもできます(Apple Pro Video製品とはいえないような"簡易的"な機能ではありますが、基本的なメニュー構造を持ったBD-Videoを作成可能です)。

どちらのソフトも、iMovie、Final Cut Express、Final Cut Pro、Premiere ProなどのDTV編集ソフトを完了させ、HDビデオのQuickTimeムービー*)を書き出し、ToastやEncoreにドラッグアンドドロップすると、あとは、これらのソフト上でメニュー画面等のオーサリングを行い、エンコードし、BDに焼きます。

*) ここでいうHDビデオのQuickTimeムービーは、Apple Intermediate Codec、Apple ProRes、HDV Codec等、QuickTimeが対応しているならなんでもOKです。

ですから、ソースがAVCHDでもHDVであっても、
編集ソフトがiMovie、Final Cut Express、Final Cut Pro、Premiere Pro、その他のQuickTime対応編集ソフトであっても、編集完了後にHDビデオのQuickTimeムービーに書き出せれば、Toast、Encoreに持ち込み、BD-Videoを作成することが出来ます。

もちろん、Final Cut Pro 7ユーザならば、編集終了後、BDに共有すれば、BD-Videoが焼き上がります。

MacDTV.com内の主な記事

  • Mac Proは AACS/COPP/HDCP ready !! (MacDTV情報ひろば>>MacDTV研究室レポート>>)
  • [ 入門編 ] Blu-ray Discに書き出す
  • [ 初級編 ] Toast 9でBlu-ray Video作成
  • [ 基本編 ] Encore CSでBlu-ray Video作成
  • [ 中級編 ] Final Cut StudioでBlu-ray Video作成
  • MacDTV.com内のその他の記事(サイト内検索)
  • 外部リンク

    枠
    枠 枠 枠
    枠 枠 枠
    枠

    現在地

    トップページ > MacDTV情報ひろば > Blu-ray DiscのFront Page

    この記事のタイトル

    Blu-ray DiscのFront Page

    この記事のURL

    http://www.macdtv.com/BD/FrontPage.html

    更新履歴

    2008.12.10 初稿を公開しました。

    2009.01.20 Encore CSでBlu-ray Video作成関連情報を追記しました。

    200907.27 Final Cut Studio 2009で、BD-Video作成が簡易ながら可能となったことを追加しました。

    枠
    枠 枠 枠
    5408233